2010年05月24日

大阪市職員、母と万引き“連携プレー”発覚逮捕(読売新聞)

 大阪市東淀川区のスーパーでビールや食料品などを万引きしたとして、東淀川署は23日、同市環境局職員の山本信義(42)(同区西淡路)、母親の無職ナツ代(66)(同区東中島)の両容疑者を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 2人は容疑を認めているという。

 発表では、山本容疑者らは23日午前11時頃、同区東中島のスーパー「ライフ崇禅寺店」で、缶ビールやステーキ肉など8点(約6000円相当)をショッピングカートに入れ、レジを通らずに店外に出て盗んだ疑い。

 山本容疑者がレジ近くに陳列していた米を購入し、店員の目をそらしたすきにナツ代容疑者が、脇の通路から外に出る“連携プレー”を試みたが、事前に「万引きGメン」の女性警備員(56)が、2人の様子を不審に思って警戒。2人が店外に出たところで呼び止め、通報で駆けつけた同署員に引き渡した。

<JR不採用問題>原告904人 解決案承諾書を提出(毎日新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)
「結論先送りの不誠実な合意」野党、一斉に批判(読売新聞)
<阿久根市長>市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
posted by アサヒ クニオ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。